自分で采配できる
楽しさを知って欲しい。
勤続15
工事長補
杉原 信
Q.
どのくらいの現場を経験しましたか?

数で言えばだいたい一年に1現場。今の現場の作業内容は、大まかに言うと空調設備の一新・改修に伴う天井、壁、床の仕上げ工事です。

夜間工事なども入ってきます。夜間工事は夜10時から翌朝5時のまでの作業です。地下の現場のため、水がちょっと出て来たりとか不測の事態への対処、そこからのものや人の手配が大変、そう言う難しい工事です。

Q.
この仕事の楽しさ、やりがいは?

『ジョイントベンチャー』といって、自分の会社だけでなく、違う会社の方達と一つの建物を作っていくという楽しさ、あとはひと現場、ひと現場場所が違う、環境が違う、工事現場は山奥から繁華街の中心地まで、様々なので、そういった面の楽しみもあります。

Q.
新しい人に求めることは?

ガッツですね。

この仕事の楽しみのひとつとして自分で組み立て、段取り采配できるので、それができるようになるまで、ある程度の経験を積まないといけないので、その楽しみがわかるまでの間我慢する、そのガッツが欲しいですね。工事の段取り采配できることが楽しみの一つなので、それが自分できるようになるまで、経験を積むためのガッツが欲しい!

先輩社員インタビュー