「ものづくりが好き」
だから作り続ける。
勤続10
工事長
助永 登志雄
Q.
今の現場の作業内容は?

今はダンボール工場の新築工事が終わって、外構工事をやっているところです。

今の仕事をするきっかけは、親が建設業に携わっていて、それで建築業が面白いと思い進みました。建築工事は屋外でするので環境の影響をすごく受けることが大変でした。

Q.
現場監督の楽しさは?

実際工事を完了するまでに、工程を作って、打ち合わせをしながら進めていくんですが、それをひとつひとつ行なっていくことによって、徐々に建物が出来ていく様子がしっかり見れるので、そこが一番楽しいところです。

Q.
職業病みたいなものはありますか?

他の建物をジロジロ見てしまったり、周りの人に言われるのが「天井とかをよく見られますね。」と(笑)。納まりとかプロポーションを見るのに、上から下にじっくり見ていこうという気持ちが表れるんだと思います。

Q.
新しい人に求めることは?

ガッツとかやる気がそこまでなくても、ものづくりが好きな方が是非来て欲しいなと思います。やっていって、続けることによって徐々に慣れて来て、普通に対応できると思いますんで、続けることがいいかな、重要だと思います。

先輩社員インタビュー